コロナ禍でもネットショッピングは高成長 その2

コロナによる影響は業界を問わず広く現れていますが、そんな中でもネットショッピングは高成長にあります。ネットショッピングは自宅に居ながらでも利用可能だったり、スキマ時間で気軽に商品を選び購入できるのが特徴です。

その為、ネット通販は今やいわゆるインフラの一部を担っていますし、生活になくてはならないものとなっています。このネットショッピングの成長は海外でも見られる現象で、例えば日本製のスリッパに海外から注文が集まっていることが、ちょっとした注目を集めます。

これはビジネスチャンスでもありますし、ネット通販を運営している人にとっては、海外への販売拡張の切っ掛けにもなるでしょう。ネット通販の海外への販売拡張で重要となるのは多言語化で、潜在的な顧客を発掘したり購買に繋げる為に必要不可欠です。

多言語化は魅力的な商品を知ってもらったり、購買のハードルを下げるのに役立つので、本気で海外への販売拡張に取り組むなら必須です。避けて通れない多言語化ではありますが、これからの時代は当たり前のものとなるはずです。そもそも、ネット通販は国境に関係なく商品を見たり購入できるのが強みで、だからこそコロナ渦でもネットショッピングが伸びているわけです。

このチャンスを活かさないのは勿体ないですし、多言語化をネックに感じて躊躇している猶予はないです。
大切なのはコロナ渦のピンチを海外への販売拡張のチャンスと捉えること、そして手間やコストを惜しまずに挑戦を決めることです。

勇気ある決断はチャンスを最大化しますし、結果はどうあれ挑戦や経験が今後に繋がり活きることになるのは間違いないです。高成長にあるネットショッピング分野は、ビジネス参入や海外への販売拡張の機会そのものですから、チャンスを逃す手はないでしょう。

ネット通販運営に興味を持ったりこれから挑戦を検討するのであれば、多言語化を念頭にサイトのデザインや設計を行うことをおすすめします。日本語に加えて英語に対応するだけでも違いますし、英語で買い物ができるとなると、海外に住む多くの人達がお客さんになってくれます。

勿論、サイトの表記だけでなくサポートの多言語対応も不可欠ですから、問い合わせがある場面を想定して対応を決めておくことが肝心です。サポートの良し悪しは、購買の選択を決定づけるものになり得るので、軽視したりそっけない印象を与えないように注意です。親身になって相談に乗ってくれると感じたり、日本らしいきめ細かな対応だと思ってもらえると、それが販売促進の武器になります。日本製はそれだけでも品質が良いと評判ですから、サポートも日本品質となればお客さんは自然と増えていくでしょう。

SNS時代の噂の拡散力は馬鹿にできませんし、影響力のある海外のインフルエンサーが話題に取り上げれば、たちまちアクセスや注文が殺到してもおかしくないです。重要なのはこういった展開をイメージして、場面に合わせてしっかりと対応できる体制を整えておくことです。抜かりがあると販売のチャンスを逃してしまいかねませんから、徹底的に計画を練って実行に移すことが大事です。

ネット通販は割と気軽に始められますが、実はできることは沢山あって、海外への販売拡張の工夫もその1つです。商品を拡充しているのに売上に繋がらないと嘆く人の多くには、このできることを十分に行っていないケースが見られます。

多言語化を始めとして、日本製の商品の魅力を余すことなく発信したり、気軽に問い合わせられる体制を作るだけでも、他サイトとの差別化が図れるでしょう。コロナ渦をピンチと捉えるかチャンスと考えるかは人それぞれですが、少なくとも海外に販売拡張の可能性があって、言語が鍵を握っているのは確かです。”