ダイレクトに内容を理解してもらう

動画版のブログといわれるvlogに注目が集まっていますが、blogとvlogではどのように違うのでしょうか。昨今日本ではアフィリエイト目的でブログを作る人が増えましたが、もともとの目的は趣味や様々な日常のことを発信するために作られていました。文章で伝えることにより、音声や動画などで伝えるよりもダイレクトに内容を理解してもらうためです。ただし、内容を補完する目的として写真やイラストを積極的に使う人はいました。対してvlogは日常の些細なことや記念日などを動画としてアップし、さらに文章やイラスト、写真をつけられるようになっています。そのため、直接その場にいなくても状況を把握しやすくなったことがメリットといえるでしょう。

もちろんブログが悪いわけではありません。ブログは情報をダイレクトに伝えるためにツールであり、日常の空気や人々の交流する姿を見るためのvlogとは明らかに違います。また、ブログは匿名で情報公開することが可能ですが、vlogでは顔出しが基本です。企画を立て、動画コンテンツとして楽しんでもらうためのコンテンツとなりつつあります。