的確に動画の内容を伝えられるようなナレーションが必要

動画コンテンツは当たり前のように視聴できますが、目の不自由な人へのナレーションは細心の注意を払って実施することが必要です。通常であれば動画の内容を補助する目的でナレーションをつけることが多いですが、目の不自由な人は動画を見ることができません。的確に動画の内容を伝えられるようなナレーションが必要となります。

そのため、動画を作成する場合には動画ナレーションの必要性について、真剣に考えて作成することが視聴者数アップにつながる上、内容を充実させることになるでしょう。動画とテロップだけですべての内容を伝えるのではなく、ナレーションだけでも内容が分かる形にしておくと、視聴しやすくなります。

作品が目で見られなくても、効果音と組み合わせることで聴覚だけですべての内容を分かる形にしておくことで目の不自由な人も動画を楽しめる可能性が高いです。ただし、なんとなく機械でのナレーションをつけるのはよくありません。抑揚や感情を伝えるのが難しいからです。動画を見る年齢層などを明確にし、どんなナレーションを好むのかを確認して作成することが望ましいでしょう。