コロナ禍でもネットショッピングは高成長

コロナ禍によって人の流れは減少してしまい、外出してお金を使う人も減りました。旅行や外食ができないので、関連する業種は大きなダメージを受けています。旅行会社や宿泊施設はコロナによる緊急事態宣言の影響が大きく、客離れが進むだけではなく相次ぐキャンセルなどに対応しなければいけません。消費者の行動パターンも大きく変化していて、2020年から2021年は激動の時代と言っても過言ではないです。

しかし、コロナ禍が追い風になっている業種も存在します。コロナ禍だと気軽に外出できないですし、旅行もかなりハードルが高い行動になります。外でお金が使えないので、消費者は自宅で過ごす時間を充実させるためにお金を使うようになりました。

自宅で買い物ができるネットショッピングは今の時代にぴったり適合しているので、コロナ禍が追い風になって高成長を遂げています。市場はどんどん拡大していますし、販路を増やしているお店も増えてます。自宅から出なくてもショッピングを楽しむことができますし、自宅まで荷物を届けてもらえるのでわざわざ重いものを持って帰宅する必要もありません。

気候に左右されないですし、感染症対策にもなるので今までネット通販を利用してこなかった層の利用者も増えています。さらに国内だけではなく、海外に向けても商品を販売することが可能なので、可能性は無限大に広がっている業種でもあります。特に日本製の商品は海外で人気が高く、より高品質のものを求める人達に人気です。日本の家電は世界的に見ても完成度が高く、きめ細かい部分まで丁寧に作りこまれているので需要が多いです。丈夫でつくりが良い日本製のスリッパが海外から注文が殺到していて、各家庭やホテルなどで採用されています。販売拡大のチャンスなのでネット通販サイトは多言語化して海外への販売拡張に動き出してます。大手のネット通販サイトはすでに多言語化されていて、カスタマーサービスの充実度もアップしています。

しかしながら自社で通販サイトを持っていて、同時に管理も行っている場合は海外への販売拡張が遅れてしまうケースがあります。自社で通販サイトを構築する場合は専門知識を持っているエンジニアの存在が必要になりますし、外注する場合はコストや運用までの時間が問題になります。

そのため自社サイトを持たずに大手の通販サイトを利用する会社が多いのが現状です。しかし、自社で多言語化した通販サイトを持っている会社は自分達だけの力で販路を拡大していけるので人気商品さえ生み出してしまえば一気に売り上げを伸ばすことが可能になります。売り上げが伸びれば新たな商品を開発するための予算を確保することができますし、優秀な人材を雇うこともできます。コロナウイルスの感染拡大によって自宅で仕事をする人も増えているので、在宅ワークに関してはまだまだビジネスチャンスが残されています。

在宅ワークの効率を向上させるアイテムであったり、快適性をアップさせるアイテムを生み出すことができれば世界的な大ヒットを記録することも可能です。日本製のパソコン周辺機器は非常に精密にできていて、耐久性も高いです。海外の格安製品は見た目は日本製と同じような感じですが、使ってみるとすぐに劣化して駄目になってしまったり、そもそも不良品で機能が不十分ということも多いです。その点日本製は不良品はほぼないですし、万が一不良品であってもすぐに対応してもらえるので安心です。

海外製品の場合は交換に応じてくれなかったり、カスタマーサービスの質が不十分であるケースもあります。海外製品を購入する場合は海外への販売拡張をしていて、多言語化しているネット通販サイトを利用するのが良いです。