WooCommerce 今では日本語化が可能

WooCommerceとはイーコマースの機能をWordPressに付け足すシステムで、プラグインの形で提供されています。これにより自分のホームページをオンラインショップに作り変えることも容易です。しかし、あまり日本では普及していないのが実情であり、その背景として日本語対応がなされていないという認識が挙げられます。ただし、この認識は正しくないので注意しましょう。対応していないかったのは一昔前の話しであり、今では日本語化が可能となっています。

そう言われても、日本語化のパッチを当てるような手間が必要だと思う人もいるでしょう。そのようなことはなく、プラグインとして公式に対応しているので、管理画面を操作することで簡単に実現できます。日本語でWordPress使っているなら、WooCommerceを導入したタイミングで対応は澄んでいるということです。さらにプラグインを活用すれば、多言語化が可能であることも覚えておきましょう。