訪問者の信頼感を損なわずに安全なホームページ運営を行うためには独自SSLが必須です。

個人情報保護が重要視されていますが、SSLではないサイトの問い合わせフォームは顧客の情報を晒しているといっても過言ではありません。

10年以上前、WEBサーバーが高額な時代がありました。共用サーバーが現在の専用サーバー程度の価格帯でした。それにSSL認証を加えると年間24万円かかることもありました。

現在では、ロリポップ、ヘテムル、エックスサーバー、さくらインターネット等、大手のホスティング会社は無料の独自SSL認証Let’s Encryptを提供するようになりました。これにより、年間24万円かかった費用が1万円程度で済むようになりました。

検索エンジンで圧倒的なGoogleはSSL化を強く推奨しています。検索でのランキングにも大きく影響します。また、今後、SSL化されていないサイトは正常に表示されなくなる可能性もあります。