不景気の中のネット通販

不景気になると、お金の流れが悪くなります。お金の流れが悪くなると、人々はさらにお金を使わなくなり、より不景気になることが過去の事例からわかるわけです。いちどそのような世の中になった場合には、なかなか好景気に戻すことは難しいでしょう。不景気の中だと、収入が少なくなり生活をする場合でも不安を感じてしまうものです。そこで、社会貢献と言う意味も含めて積極的にお金を流すようにしなければいけません。お金の流し方は2種類あり、まず1つは自分が購入することです。必要な物を贅沢に購入することで、良い方向でお金が流れる可能性が高いでしょう。もう一つ社会貢献があるとすれば、商品を販売することです。商品に限らずサービスを提供するならば問題ありません。商品やサービスを売ることにより、自分が積極的にお金の流れを作ることにつながり、世の中にとっては良い流れができあがるわけです。もちろん1人の力では限界があるため、皆が同じようなことをすれば経済はより多くなることが予想できます。

とは言え、会社員だった人は今の生活を続けていてもお金の流れを活性化させることは難しいです。少なくとも、商品を売るあるいはサービスを売る事は、不可能と言えるかもしれません。しかしながら、最近は気軽に人々が商品を売ることができる世の中になりました。例えば、ネットショッピングを利用する場合がこれにあたります。いわゆるネット通販と呼ばれるものを利用して販売すれば、それほど手間をかけることなくお金を手に入れることができるでしょう。

ネット通販を行う場合、注目したいのは海外の状況です。実は、日本製品を購入したいと考えている海外の人は少なくありません。日本は戦後、経済大国になりましたが経済大国から少し退き今度はサブカルチャーの国として知られるようになりました。その結果、サブカルチャーから日本をした人も少なくないわけです。一度日本のことが好きになると、様々なものに興味を持ち始めます。例えば意外と思われるかもしれませんがけん玉などがこれに該当します。4人は、かつてテレビゲーム等がまだ存在しない1970年代ぐらいまでは、けん玉等のアナログ的な遊びが流行っていました。そして、テレビゲームが出始めてさらにインターネットが繋がり人々の娯楽が多様化したことにより、そのような遊びは過去のものになりましたが、逆に日本の古来からある遊びに対して海外の人が注目していることを知っておくと良いかもしれません。

つまり、ネット通販を行う場合でも日本国内だけでなく海外に向けて行ったほうが良いでしょう。海外に向けて通販を行う場合の大きな壁の1つは、言葉の壁になります。しかし最近は、多言語化に対応できるソフトなどもあるため、外国語に訳す事はそれほど難しくありません。

ただし、これは先行利益が重要になります。多くの人が簡単に真似することができるものである以上は、最初に行った人が勝つと言えるわけです。次第に競争が激しくなりなかなか自分の商品が売れなくなってくることが予想できます。もし、今まで以上に商品を販売することができなくなった場合には、差別化を図ることが必要です。その差別化を図るためのツールの1つが、動画を利用することです。Youtube動画での販促を行うことで売り上げを一気に伸ばすことができるかもしれません。ただ、外国語ができない場合にはそれも難しい可能性が高いです。そこで、外国語ができる人に字幕等を入れてもらい、日本の商品の素晴らしさをアピールすると良いです。当然ながら、URLなどを貼り付けて自分のランディングページなどに誘導することも必要になります。結果的に、日本の古来からある遊びで売り上げを伸ばすことが出来るかもしれません。

 

当サイトではCookieを使用します。Cookieの使用に関する詳細は プライバシーポリシーをご覧ください。