日本語/英語併用のサイトをよく見かけます。よくチェックしてみると、日本語サイトを複製して英語サイトを制作しています。WEBサイトを多言語対応にする場合、あるルールがあります。.

自社の商品やサービスを海外でも展開したいと願望している企業が増えています。

WEBサイトの多言語化はGoogleの基準を満たすよう設計する必要があります。日本語モードのPCやスマホでアクセスした際は、日本語ページが表示され、英語モードの場合は、英語ページが表示される。このようなユーザー指向のサイトが求められます。これには高額なコストがかかっていました。

多言語プラグインを使用することで低コストで実現できます。

自動的にGoogleが定義する記述を下記のようにheadタグ内に日本語ページと対応する英語ページを併記します。

<link rel=”alternate” href=”http://www.emi-works.net/ja/home/” hreflang=”ja” />
<link rel=”alternate” href=”http://www.emi-works.net/” hreflang=”en” />