ASPタイプのショッピングカートのメリットとデメリット

ASPタイプのショッピングカートの特徴

ECサイトを運営するためには、ネットショップの注文を処理するためのソフトウェアとなるショッピングカートが必要不可欠です。様々な種類のものがありますが、その一つにASPと呼ばれるものがあります。

そもそもショッピングカートASPとはどのようなものなのかと言うと、ASPはアプリケーションサービスプロバイダーの略称です。アプリケーションソフトをネット経由で提供するプロバイダーの一つです。ショッピングカートASPにおいては、ECサイトを構築するにあたり必要となるシステムをクラウド型で提供しているのが特徴です。EC事業者はASPを利用することにより、自社でサイトを構築する必要もなく、手軽に運営することができるのです。ショッピングカートASPは、新規参入した企業、自社ECサイトで月収100から1000万くらいを目的にする中小規模の印紙事業者に利用されている傾向にあります。

ショッピングカートASPのメリットとデメリット

ASPのメリットとデメリット

ASPを利用することにはメリットもあればデメリットもあると言えるでしょう。

メリットにあげられることは、まず第一にECで売り上げを伸ばすために必要となる機能をすぐに利用できる点が挙げられます。ECに必要な機能が標準ですべて備わっているので、サービスを利用することで、簡単にECサイトを開くことが可能です。そして初期費用やランニングコストが他のショッピングカートと比べると比較的安いことも魅力の一つです。初期費用としては、無料から数万円、月額料金に換算すると1000円から2万円程度が主流です。なかには初期費用や月額料金が無料のものもあり、利用店舗数は数十万点にのぼっています。さらには最新の機能を利用できる点もメリットと言えるでしょう。システムのアップデートや機能追加などはサービスの提供会社が行うことから、個別に機能開発を行う必要はありません。機能開発に時間を割かなくても、いつでも最新の機能を利用できるということです。中にはECサイトをパッケージで構築するために、莫大な費用をかけて開発したのにも関わらず、これが2年で使えなくなってしまったという例も見られます。それとは対照的に、ショッピングカートASPの場合には、このようなリスクはないのです。

反対にデメリットがあるのも実情ですが、ショッピングカートASPタイプのデメリットにあげられることは、独自のサービスや販売方法を実施しにくい点が挙げられます。ショッピングカートASPの場合には共通のプラットフォームをレンタルするという特徴があり、機能をEC事業者ごとにカスタマイズすることは不可能です。例えばECで年商50億以上を目指すといった大企業の場合には、カスタマイズしやすいようなパッケージに乗り換えるケースが多く見られます。

自分のショップに必要な機能はなにか

サービスによって何らかの違いを打ち出そうとするASPが多く目立つようになってきています。具体例を挙げると、様々な機能を実装する製品が見られます。例えば実店舗とECサイトの在庫情報、顧客IDなどを連携することができるオムニチャネル、海外に商品を販売することができる越境EC、スマホサイトのレイアウトに自動対応できるレスポンシブWebデザインなどが挙げられます。これらだけではなく、ビットコイン決済を使うことができる製品の登場など、サービスの幅はどんどん広まっていると言えるでしょう。ショッピングカートASPを提供する様々な企業は、機能の活用方法、またそれを利用した成功事例などを解説するセミナーなども開催していて、事業者向けのサポートに力を入れているとも言えるでしょう。

ショッピングカートASPの利用料金

ショッピングカートASPには様々なサービスがありますが、Makeshop、カラーミーショップ、Base、Shopify等、数多くのシステムがあり、料金も無料から有料でそれぞれ特徴が異なります。Makeshopはデザインや動きにこだわったサイトを構築する場合には特に適していると言えるでしょう。機能数が非常に多く、毎月の機能アップデートも早いです。カラーミーショップは有名ブランドやメーカーをはじめとし、国内になんと4万4000点以上の導入実績を持ちます。この導入実績は、ショッピングカートASPの中では一番の数と言えるでしょう。カラーミーショップには四つの料金プランが設定されていて、このうち機能制限を持たないレギュラープランであっても、月額料金が3000円と非常にリーズナブルなのが特徴です。

また、特に注意しなければならないのが、売り上げに対しての手数料です。ASPにより格差があります。たとえば、Baseは利用料が無料であっても、売り上げに対して7%近く手数料がかかります。

サービス名月額費用売り上げ手数料カード手数料商品オプション機能定期購入
MakeShop

10000円

3.5%制限ない5000円/月 初期費用100000円
カラーミーショップ

3000円

3.5%カラー、サイズ等の2種類3500円/月
らくうるカート

3000円

4%カラー、サイズ等の2種類なし
Shopify

3200円(29ドル)

2%3.4%から4.1%1つの商品に対して最大100種類のバリエーション5500円(50ドル)/月
Woocommerce

1000円

3.5%制限なし2000月円
Base無料7%カラー、サイズ等の3種類なし

 

サービス名決済オプション宅配便との連携ブログバージョンアップ実行者備考
MakeShop5000円/月ASP月100万円以上の売り上げが見込めるショップ向け。フルスペック使用
カラーミーショップ5000円/月ASPMakeShopと比べ. 機能性は劣るが、十分な機能が備わっている。
らくうるカート◎ヤマト運輸の場合なしASP配送にヤマト運輸を使うんならこのASPがお勧め。配送業務の工数を大幅に削減できる。
Shopify簡易ブログASP世界的に有名。利用できるアプリが豊富。海外にも販売する場合に最適
Woocommerce多機能ブログショップ所有者多機能ブログが使えるため、SEOで集客が見込める。バージョンアップの手間はあるが、費用を最小限に抑えられる。また、更新やLPが容易に作成でき、Wordpressの無数のプラグインを使用できる。
BaseX簡易ブログASPほとんど無料で制作でき、機能も豊富。ただし、売り上げによる手数料があるため、月30万円程度の売り上げのショップにお薦め。

このように様々な種類のものがありどうやって選べば良いのか分からないという人も多いかもしれませんが、機能だけでなく、売り上げ目標と利益目標を検討し、サービスを選ぶことが大切です。

WooCommerceのメリットとデメリット

アマゾン・楽天のショッピングカートシステムのメリットとデメリット

当サイトではCookieを使用します。Cookieの使用に関する詳細は プライバシーポリシーをご覧ください。