YouTube動画・広告の活用

YouTubeに動画投稿をしている方の数は年々増えてきています。登録者人数が多いユーチューバーの場合は、動画の閲覧も多くさまざまな方が認知していることになるので、YouTubeを使用してビジネスをおこなうと収益を上げる効果が期待することができます。YouTubeの特徴を理解して上手く活用することが大切になります。YouTubeチャンネルをプロモーションとして活用することができれば、高い効果を期待できます。

YouTubeの動画に自社の広告を流すことで、たくさんのYouTubeユーザー獲得をすることが可能です。YouTubeの広告とは、動画を視聴する前や動画を再生している途中で、表示される広告になり、検索結果のページの上部や関連動画のサムネイル周辺などに表示される広告のことをいいます。広告の種類はさまざまあって、通販サイトの広告や美容系の広告など多岐にわたります。通販サイトでは、なにを主に販売しているのかで、ターゲットを絞ることが可能になります。

例えば美容系の通販サイトであれば、美容系ユーチューバーの動画に広告をつけることで、美容に関心がある女性に多く認知されるようになるのです。ログインユーザーの属性や趣味・関心などに合わせて広告を表示することができるので、効果的にユーザーにアプローチすることが可能になります。YouTube広告のメリットは、ターゲットを絞ることができることの他にもあります。動画広告の場合はユーザーが動画を再生して初めて広告費が課金されるようになるので、費用対効果がとても高く利点になります。

YouTubeの広告の内容は、5つの広告出稿形式があります。インストリーム広告は、YouTubeの動画ページまたはグーグル動画のパートナーサイトやアプリに表示される広告になり、動画が5秒間経過することでユーザーはスキップすることができる広告と15秒以下の動画でスキップできない広告の2種類存在します。ディスプレイ広告は、YouTubeのトップページや検索結果・関連動画の部分に表示されます。静止画やGIFでの出稿も可能になります。

バンパー広告は、閲覧動画の最中や前後に再生することができる6秒以下の動画広告のことをいいます。ユーザーがスキップすることができないので、自社のサービスを効果的に知ってもらうことができます。アウトストリーム広告は、YouTube以外のサイトやアプリ等のグーグル動画パートナーサイトに流すことができる広告になります。YouTube以外のユーザーでも視聴することが可能です。マストヘッド広告は、YouTubeで一番目立つサイト内の最上部に表示される予約型の広告になります。

グーグルのショッピング広告をYouTubeホーム画面でも配信することができるようになったので、動画のコンテンツの再生記録や登録チャンネルからそれぞれのユーザーにあったショッピング広告を配信することが可能です。YouTubeのユーザーはこれからどんどん増えていくことが予測されているので、自社の通販サイトなどを動画の活用によって多くの方に認知されるようになります。