YouTubeでプロモーションを行っている理由

会社の業務でYouTube活用を検討する場合が増えてきており、特に会社のサービスや商品を幅広い人に対してPRするためにもYouTubeは利用者の年齢層も幅広く、通販サイトを運用しているならば動画の活用は欠かせないと考えられています。

ではYouTubeの活用はネットショッピングサイトにどれだけ重要なのか詳しく知るためにも、YouTubeと他のプロモーションとの違いを正しく知っておく必要があります。これまで企業はテレビCMや商品のプロモーション動画を作ってきたものの、それらは広告内で放送されることが確約されていました。そのため数値としての効果検証は媒体によって異なりますが、一般消費者に届けられる確率は100%保証されています。

それに対してYouTubeの場合、動画を公開しても直接一般消費者に届けられることが確約されていません。これはYouTube側の「あなたにおすすめ」や「関連動画」に表示するアルゴリズムによって一般消費者に届けられる確率が左右されるため、動画がユーザーから視聴される回数を保証することができません。

こういった面からすると、企業側はユーザーに動画を視聴してもらえない可能性がある状況から開始するので、動画に対してどれくらいコストをかけるべきか、きちんとプロモーションになるのかなど不安要素も数多くあります。

しかし多くの企業がYouTubeでプロモーションを行っている理由の一つとして、YouTube独自のアルゴリズムによってユーザーの過去の動画の視聴傾向から何に興味を持っているのか、どのような動画を好む傾向にあるのかを汲み取ります。

そのため企業としてはその動画に興味を持ちやすい潜在顧客へアピール出来る可能性が高くなり、ユーザーに表示される動画はその動画の内容によっても異なるので、公開する動画によってもYouTube活用でのプロモーション効果は変化します。

こういった特徴を踏まえて得られるメリットは、YouTube外でも動画がユーザーの目に触れる副次的効果にあります。YouTubeは動画を公開するだけではなく、アップロード時に設定出来るタイトルやサムネイル等のメタデータを適切に設定することによって、その動画に興味を持ちやすいユーザーへ表示されやすくなります。

同じカテゴリに興味のあるユーザーを通じて視聴回数が増えると、SNSやWebサイトでその動画が掲載されるようになるので、ユーザー同士で共有され多くの人に拡散されていき、副次的効果を得ることが出来る仕組みです。

この他でも動画を公開し、適切なメタデータを設定すればGoogleなどの検索エンジンの結果に表示されるようになり、動画が視聴されるケースもあるなど、企業側は効率よくYouTubeユーザー獲得することができます。

そして通販サイトで取り扱いしている商品一つ一つに動画を用意すれば、商品の詳しい情報をユーザーが知ることが出来るので、店頭で購入するような感覚で商品を深く知ってもらい、購入してもらえる可能性がグッと高くなるなど、売上に直結するプロモーション効果が得られます。