ユーザーは動画作りの丁寧さやユーザーに対する配慮、それに言葉遣いなども見ている

YouTubeユーザー獲得はつまり、WEBサイトのユーザー獲得に直結すると言っても過言ではないでしょう。WEBサイト、あるいはSNSアカウントの運用のみという選択肢もありますが、現在ではYouTubeを含めた総合的な戦略が重要となっています。
WEBサイトの入り口になるYouTubeユーザー獲得は、当然ながら制作して公開を行う動画が鍵を握ります。具体的には映像の質や内容の分かりやすさ、飽きずに最後まで見られる内容といった部分です。

また編集の良し悪しも動画のクオリティ、ひいてはユーザーへの訴求力に繋がるので軽視できないです。更には、字幕とナレーションの重要性についても正しく理解して、動画の制作やYouTubeの活用に結びつけていくことが大切です。字幕とナレーションは内容を正しく伝えたり、ながら観のユーザーにも訴求する上で必要不可欠です。

字幕は映像と一緒にユーザーの視覚に訴え掛ける情報の1つなので、ここも手を抜かずにしっかりと作ることが大事です。一方のナレーションも同様に、ながら観を含めたユーザーに対し情報を伝えるポイントとして、十分に考えて動画に盛り込む必要があるでしょう。字幕には、音声をミュートにして動画を見るユーザーに役立つメリットがあります。
このようなスタイルで視聴する人は思いの外多く、字幕がない動画は見てもらえないことが少なくないです。しかし、字幕をつけて動画を仕上げれば、こういうユーザーにも配慮ができて視聴に繋げられます。

逆にナレーションは映像を重視しないユーザーに有効ですが、映像に目を向けなくても内容が分かるようにするのが望ましいです。つまり字幕とナレーションは異なるユーザー層への訴求に役立つもので、YouTubeユーザー獲得に決して手を抜くことができない要素だといえます。

ユーザーというのは案外、動画コンテンツそのものだけでなく、動画作りの丁寧さやユーザーに対する配慮、それに言葉遣いなども見ているものです。手を抜けば伝わってしまいますし、字幕とナレーションをつけなければ、字幕とナレーションの重要性を理解していないと思われてしまうでしょう。だからこそ手は抜けませんし、動画制作で隙を見せられないわけです。

ここまでしてようやくWEBサイトに繋がる動画制作、そしてYouTubeユーザー獲得の実現が見えてきます。一見すると難しそうですが、大切なのはユーザー目線で動画の制作を行うことで、字幕とナレーションの重要性の理解を動画に反映すれば、やがてYouTubeユーザー獲得に繋がります。

勿論、動画の説明や動画の最後にWEBサイトに誘導するリンクを貼ることが肝心です。
YouTubeユーザー獲得とWEBサイトを結びつけたいのであれば、アカウントを開設して定期的に動画のアップを行い、ブランディングに取り組むのが1つの方法となるでしょう。
アカウントの運用にハードルを感じるなら、動画広告の掲載から始めてみるのもありです。”