字幕、ナレーションで映像だけでは伝わりにくい感情を表現

YouTubeでは多くの動画が投稿されていますが、その中から閲覧してもらい、YouTubeユーザー獲得を実現するためには見やすい動画が必須となります。そのためには様々な工夫が必要です。まず動画イラストですが、分かりやすく綺麗なイラストにしなければなりません。あまりにも下手なイラストであると、その場で視聴をストップしてしまうこともあります。また、ナレーションも重要です。耳から得た情報は見た情報とともに印象に残りやすいのですが、ナレーションを入れれば視覚と聴覚を同時に刺激できるので、より印象深いものにすることができます。このインパクトが、新たなYouTubeユーザー獲得につながります。さらにテレビCMのように、映像を見ていなくても耳で聞いているケースも多いので、インパクトのあるナレーションが入っていればユーザーの印象に強く残るのです。

他にも楽しさや悲しさを伝えるナレーションを入れることで、映像だけでは伝わりにくい感情を表現することができます。映像やテロップだけでは機械的になりがちで、こちらの言いたいことが上手く伝わらないことがあります。感情豊かなナレーションを入れれば、こちらの意図が正確に伝わりますし、味わい深い動画にすることも可能です。そして、最近重要視され始めてきたのが字幕です。外国人のための外国語の字幕は以前からありましたが、日本語の動画にも日本語の字幕が付けられるようになってきました。音声がよく聞き取れなくても内容を知ってもらえるので、活用されるケースが増えてきています。理解度を高めてもらうのが一番の目的ですが、もちろん注意点があります。最大の注意点は、内容に適した字幕にすることです。

内容の正確さは言うまでもありませんが、雰囲気に合ったものにしないと台無しになってしまいます。当然ですが、読みやすさも大切です。一文が長いと見づらくなり、理解度を高めてもらえないばかりか、不快感を与えてしまいます。一般的に日本語字幕では、1秒あたり4文字が最適とされているので、これを目安とすると読みやすくなります。他にも字幕の重要性は、スマートフォンの普及にも関係しています。以前ならば動画は自宅で見るのが主流でしたので、音声をオンにして視聴することがほとんどでした。しかしスマートフォンの普及により、外出先で動画を楽しむことが可能となりました。その結果、イヤホンをしないでミュート再生するというケースが増えてきています。ミュート再生ですので、字幕が付いていないと内容の正確な把握は不可能です。

しかも人が多い場所で視聴すると、音声を出していても周りの音で聞こえづらく、内容がよく分からないというケースも考えられます。これまでの動画は、映像や音楽が重要視されてきました。時代の変化によって新しいYouTubeユーザー獲得のためには、字幕とナレーションの関係性も重視しなければならないといえます。