商品説明やサービスの案内は動画を活用する

商品説明やサービスの案内を行う方法は、情報インフラの発展によって変化しています。インターネットが普及し始めたころは、ホームページやメルマガに説明文などを掲載するマーケティングがよく行われていました。もちろん今でも主な方法の一つですが、それよりも高い訴求効果を得られるものが注目を集めています。それは動画を活用して消費者にアピールしていくことです。通信技術の著しい発達により、送受信できる情報量が飛躍的に大きくなっています。ストリーミング再生の技術もしっかり確立されており、以前よりも視聴しやすくなったことは確かです。

動画を使った方法は、文章や静止画で説明されるよりも分かりやすく、直感的に内容を把握できます。とはいえ、企業の公式サイトにアップしているだけでは高い効果を期待できません。なぜなら、わざわざ公式サイトを訪れてチェックしてくれる人は多くないからです。そもそも商品やサービスの存在を知らない人に対しては何の意味もありません。そこでポイントになるのは、それらを知らない人でも見てくれるところで動画を公開することです。

このような理想的な場所としてYouTubeが挙げられます。さまざまな動画が集まっており、関連性の高いコンテンツを推薦してくれるという機能もあるのです。つまり、自社がアップした動画が推薦されることも期待できます。たとえば、コスメの新作に関するコンテンツなら、化粧品関連の動画を見ている人に見てもらえる可能性があるでしょう。そう言われると、偶然性が強すぎてビジネスには使えないという人もいます。もちろん、こうして見てもらうのは、あくまでも最初のステップに過ぎません。本当の目的はYouTubeユーザー獲得であり、これが固定客を掴むことにもつながります。

商品やサービスに興味を持ってもらえれば、自社のYouTubeチャンネルを登録してもらえる見込みがあります。そうなれば、新しい動画をアップするごとにチェックしてもらえるでしょう。それだけでなく、口コミで評判の良さが広がっていくことも期待できます。YouTubeユーザーのなかには、SNSを使用している人が少なくありません。そちらのルートから拡散していくことも十分にありえます。また、企業自体がSNSアカウントを取得して、そちらで商品説明やサービス案内を行うケースも多いです。そこでも、やはり動画を積極的にアップいしていることがよくあります。

このように、YouTubeを中心とした動画の活用が、もはや企業による宣伝活動の主流となっているのです。言い換えると、まだ文章や静止画に頼っているなら、新しい方針を検討していく必要があります。大丈夫だと思って放置していると、同業他社に顧客を奪われてしまうリスクが大きくなってしまいます。時代のニーズをしっかり捉えていきましょう。少なくとも自社が顧客の囲い込みを行いたいなら、動画のトレンドを調べて活かすようなポジティブな姿勢が必須です。