WEBサイトに動画を入れることで明確でより詳しく伝える

YouTubeを使って様々な情報を流す人が多くなり、それに伴って視聴者もどんどん増えています。YouTubeは一つ興味のあるものを見たら、関連のある動画のサムネイルが次々に表示されるので、もともと見るつもりがなくても面白そう亜サムネイルを見つければつい見てしまうという視聴者が少なくありません。それで面白い、また見たいと感じれば「いいね」ボタンをクリックしたりチャンネル登録をするなどして、視聴するYouTubeの視聴者も配信する人もがどんどん増え続けているのです。

このようなことから、企業などのwebサイトにYouTubeを組み込んでいくところが増えてきました。かつては文字や画像で表示されていたwebサイトですが、動画を入れることで明確でより詳しく伝えることができます。例えば何かの家電を開発して販売をしようという場合でも、その家電の形状やサイズ、質感などをあらゆる角度から見せることができたり、使い方や使用感、使うことによって得られる効果などを実際にその家電を使いながら説明することもできます。すると文字や画像だけより、視聴者にもっと詳しくリアルに伝えることができるのです。このようなメリットがあることから、WEBサイトに動画を取り入れるようになりました。

しかし、自社のサーバーに動画ファイルを表示させる場合は、ダウンロードをしてから再生をすることになるので、視聴者としてもダウンロードが終わるまで待ってから再生される動画を見ることになりますが、YouTubeならダウンロードをしながら再生が始まるので待つ必要がなくなります。待たなくて良い分、サーバーへの負荷も少なくて済むのです。そのような理由からWEBサイトに動画を入れる場合は、YouTubeを活用することが多くなっています。

YouTubeを活用すると、WEBサイトでもYouTubeチャンネルからでも視聴することができるようになります。ユーザーはどんどん増えていっているので、企業がアップロードしたYouTubeが多くの人にとって興味深いものであれば、YouTubeユーザー獲得が期待できます。多くの人に興味を持ってもらえるような動画にするためには、字幕とナレーションの重要性が高くなります。動画なので目に映る映像ももちろん重要ですが、字幕とナレーションも重要になってきます。

YouTubeのユーザーは、全員が自宅で視聴しているとは限りません。電車の中で見ているかもしれないし、他の幼時をしながら聞いていることもあります。動画に字幕とナレーションを入れれば、音声を大きく出すことができない場所で視聴している場合も映像と字幕で見ることができるし、映像や字幕が見られなくてもナレーションが入っていれば耳で聞くことができるからです。またナレーションを入れることで楽しさや驚きなどの感情が表現しやすくなるというメリットもあります。そのためWEBサイトにYouTubeを活用するときは字幕とナレーションも入れることが勧められます。