見やすい動画は分かりやすいイラスト、字幕、ナレーションが大切

見やすい動画には、分かりやすいイラストや字幕とナレーションがポイントになります。

動画イラストにおいては特に、ひと目で内容が分かるクオリティの高いイラストが重要です。内容が分かりにくかったり、質がいまいちなイラストは安っぽく見られたり、興味を持たれない恐れがあります。しかし、クオリティの高い動画イラストは見る人を引きつける訴求力を発揮しますし、何より視認性が良いので親しみがもたれます。

つまり最初に抵抗感を覚えさせず、そこから興味に繋げていくことが大切だといえるでしょう。

動画イラストは内容の質が重要で、中でも視覚に訴え掛ける情報の質に重要性があります。ここを軽視すると動画そのものの質が低下してしまい、魅力がなくなったり訴求力を失います。YouTubeユーザー獲得などでは、このイラストで効果や結果が左右されると言っても過言ではないです。イラストに力を入れたり、丁寧に仕上げて作っている動画は、やはり見る人に感じさせるものが違います。

動画イラストにはもう1つ、字幕という大事な忘れてはいけない要素もあります。字幕は音声を補助する役割を持ち、内容の理解を助ける重要なものです。字幕なしでも動画イラストは成立するでしょうが、字幕があるのとないのとでは大違いです。

無字幕の動画に対し、字幕ありの動画は丁寧な印象を与えますし、見る人からすれば視聴者のことを考えているという作り手の気持ちが伝わります。字幕はただ単に音声を文字に起こして動画につければ良いというものではなく、シーンに合わせて表示のタイミングを決めたり、切り替えを工夫する必要があるわけです。

フォント選びも大事ですし、文字のサイズや文字と文字の間隔、表示する位置の微調整なども軽視できないポイントです。

ここまで考えてようやく動画の完成度を上げることができるので、見やすい動画制作ではどこまで配慮して手を加えられるかが肝心です。

YouTubeユーザー獲得もそうですが、動画でユーザーの獲得を目指すのであれば、字幕とナレーションの組み合わせについても考え抜くべきです。
ナレーションは動画を充実させたり、内容をより伝える為の要素で、これもあるなしではかなり違ってきます。数ある動画の中には無音声の動画も存在しますが、BGMすらない動画は手抜きという他ないでしょう。

BGMのみでもどこか本気で制作していないことを感じさせますし、字幕とナレーションもないとなれば視聴者はがっかりして離れてしまいます。
よほど内容が濃くて最後まで見たいと感じさせる動画なら無音声、あるいはBGMのみでも勝負できるでしょうが、どんな内容でも見てもらえると考えて手を抜くのは甘すぎです。
YouTubeユーザー獲得は競争が激化していますし、視聴者の目は肥えていますから、手を抜けば簡単に見抜かれてしまいます。字幕とナレーションは動画とセットと考えるのが基本で、聴き取りやすく耳障りではないナレーションの質に拘ることが不可欠です。