海外販売は英語と動画の活用を

最近は、ネット通販が流行しています。ネット通販は、インターネットと呼ばれるインフラがあることにより昔に比べると随分と拡大しました。インターネットを使うことにより、多くの人に商品を届けることができるわけです。

特に注目されたのは、2020年に拡大したコロナの時期でした。コロナ禍においては、人が人と接触することをなるべく避けなければならなかったわけです。これにより、今まで気軽に買い物をしていた人も実際の店舗に行くことができなくなっただけでなく、緊急事態宣言や世界で言えばロックダウンなどが行われており、人々の行動が物理的に制限されたわけです。

そんな中で何か商品を購入するとすれば、インターネット通販に頼らざるを得ません。そこで多くの国では、インターネット通販を利用する割合が増えたといえます。日本でも、例外ではなくインターネット通販が頻繁に利用されており配達員の数が足らなくなるほどでした。

これにより、ネットショップは今まで以上に急成長したわけですが今後もこの流れが変わることはないでしょう。基本的に、人間は便利なものに流される傾向があります。楽な方にそして便利な方に流されることこそ進化と言えるかもしれません。つまり、インターネット通販の良さを知ってしまった人は、今後も使い続けることが予想できます。

そのような理由からも、もしこれから商売をする場合にはインターネットショッピングを活用してものを販売するのが良いといえます。ただ、すでに多くの人がインターネットショッピングを行っているためとにかく商品さえ売れば利益が出るとは限りません。特に日本国内の場合には、すでに需要は満たされていると言えるでしょう。

そこで注目したいのが、海外にネットショップを展開するパターンです。特にけん玉などの古くからある日本の遊びは、外国で注目されています。日本人は、外国語がしっかりできる人は少ないだけでなく、少しできたとしても外国語に対して不安を持っている人は多いです。これを避けるためには、日本人を相手に商売をするのではなく外国人を相手に商売するのが良いです。しかも、外国に住んでいる人に対して商売をすることができれば、需要が多いにもかかわらず供給が少ないためそれなりの利益を上げることができます。問題は、外国語ができない場合でしょう。最近は、多言語化できるソフトなども開発されており、これを利用すれば簡単に日本語から外国語に変換することが可能です。逆に、相手からメールが来た場合でもそれを翻訳することによりいろいろな言語に対応することができるでしょう。

このようなソフトは無料で販売されているものもありますが、最初から無料のものを使わなくても良いです。しかし、経費などを考えれば最初は無料のものを使っていき、ある程度慣れたらお金を払い有料のものを使うのが良いかもしれません。

ただ、先行者利益があることを否定できません。先行者利益とは、最初の頃にビジネスをスタートしたほうが利益になり後から参入したほうが利益になりにくいことです。これは、経済の原則を考えれば当然と言えるかもしれません。最初にスタートした人は、ライバルが非常に少なく商品がたくさん売れるため、十分な利益を確保することが可能です。しかし、そのような情報が出回った時多くの人がそのビジネスに参入するため、利益を確保することが難しくなります。この対策の1つとして、差別化を図ることが考えられます。具体的な差別化の1つは、動画を利用することです。

Youtube動画での販促を行うことができれば、日本国外にも情報を発信することができるため直接売り上げにつながる可能性が高いです。その時には、字幕を入れるようにしましょう。少なくとも、世界中を見回しても英語は重要な言語と言うため英語の字幕は最低限必要です。