動画字幕の必要性はこれからの世の中においては大切

聴覚の衰えによって音が聞こえづらくなっていたり、障害によって耳が不自由な方々がいらっしゃいます。
そういった聴覚に問題のある方々に対して、動画の内容を有効的に伝えることができるものが動画字幕です。

動画字幕で代表的なものが文字放送です。
アナログ放送時代は対応するテレビが少ない状況でしたが、デジタル放送に移行したことで対応テレビが増え、視聴環境が広がりました。

NHKや民法放送、BS放送などで対応しており、音がよく聞こえない方でも放送の内容を理解することができます。

ネット配信の動画でも字幕を利用できる場合があります。YouTubeでは音声認識による字幕機能を利用することで内容をある程度理解することができ、英語なども翻訳することができます。
また、配信者自身で字幕を付けることもあります。

現在は高齢化社会であるため、聴覚に不自由を感じる方が増加する傾向にあります。そのため、動画字幕の必要性はこれからの世の中においてはさらに高まっていくことが予想されます。