これから動画を作成する場合は字幕の導入も視野に入れることが大事

現代社会においてバリアフリーは不可欠な概念となりました。障害者差別禁止法が施行されたことが後押しとなり、教育機関などでもさまざまな対策がとられています。この流れを受けて、耳の不自由な人のサポートもいろいろと行われているのが実情です。そのような取り組みの影響によって、動画字幕の必要性も高まってきました。
IT技術の発展により、これまで人が口頭で説明していたいことも動画で紹介することが多くなりました。

耳の不自由な人は、相手の口の動きを見て理解の助けとしています。しかし、動画では人が映らずに映像に合わせてナレーションが流れることが多いです。そのため、映像以外の情報は得にくいという課題が浮き彫りとなりました。動画に字幕を付けることでその課題をクリアできる可能性が高まります。字幕のオンとオフの切り替えられるようにすれば、健常者が邪魔に感じるリスクも避けられるでしょう。これから動画を作成する場合は字幕の導入も視野に入れることが大事です。