動画ナレーションは、バリアフリーの観点から見て非常に重要

目の不自由な人への動画ナレーションの必要性は、バリアフリーの観点から見て非常に重要な項目となります。特に昨今の動画は生活情報を入手するうえでも欠かせないコンテンツなので、幅広い人々が利用できるように配慮をすることが望ましいでしょう。動画の場合、テロップという字幕を多用することが特徴となっていますが、目の不自由な方はこの字幕を見ることができないのでテロップ内容も音声で知らせなくてはいけません。

画面内のすべての出来事を音声で知らせるにはかなりの情報量となるので、工夫をすることも大切です。その工夫とは音声を数種類に分けて伝えることです。例えば画面映像のメインとななっている事柄を男性がナレーションをしつつ、テロップ部分は女性が担当すれば声のキーが違うことで瞬時に2つの情報を耳で判断することが可能です。または効果音や背景音をナレーターが擬音で伝えるというのも効果的です。

目の不自由な人への動画ナレーションは、簡潔かつ把握しやすい工夫をするようにしましょう。