目の不自由な方でも動画を楽しめるようにする配慮

現実世界では身近な生活環境のバリアフリー化が一般的になりました。どのような障害を持つ方でも快適な暮らしを実現するうえで欠かすことができないものであり、昨今ではインターネットの世界でもバリアフリー化は進んでいるほどです。

多くの方が利用している動画サイトに至っても例外ではなく、動画ナレーションの必要性が高まりつつあります。目の不自由な方でも動画を楽しめるようにする配慮ですが、このナレーションで大切なことは常に客観的な視点でナレーションを加えるということです。

動画の場合視聴者の興味を得るためにオーバーリアクション気味な発声・表現を使用しがちですが、目の不自由な方に向けたナレーションでこれをおこなうのは厳禁です。なぜならば、どのような映像が展開されているのかを言葉を頼りにイメージする必要があるからです。抑揚を伴わない具体的な表現方法で情報を伝えることが大切です。動画ナレーションの必要性で特に需要があるのがニュース関連です。

instagram default popup image round
Follow Me
502k 100k 3 month ago
Share