動画の高い訴求力

WEBコンテンツにはさまざまな種類がありますが、近年になって特に重視されているのは動画です。文章や静止画と比べて高い訴求力があるので、マーケティングにおいて欠かせない要素となりました。サービスや商品のセールスポイントを直感的に伝えられるので、購入に結び付けられる可能性が高いです。

具体的には、自社のホームページに埋め込むという手もありますが、外部のサイトにリンクする方式をとっていることが多いです。主流になっているのはYoutube活用であり、そちらに投稿している動画が再生されるようにしています。Youtubeは動画配信サイトの代名詞ともいえるサイトで、若者を中心として利用者はかなりの数にのぼります。ビューアーの操作の仕方も含めて慣れている人が多く、自社のホームページでも抵抗なく見てもらえることが多いです。簡単に投稿できることもポイントですし、視聴時の負荷が自社のサーバーにかからないことも重要な点です。