WooCommerceならネット販売と情報発信を一つのサイト

WooCommerceには送料設定ができるようになっていますが、世界中のすべての都市別送料設定が可能なので、海外への販売が容易です。送料計算を最初にして入力する必要はあるものの、やらなければならないのは最初だけです。あとは購入希望者が住所を入力すると自動的に反映されるので、支払いもスムーズに行ってくれます。

基本的にサービス利用は無料ですので、初期コストはかなり抑えられます。WordPressとWooCommerceの他には、サーバー代金がかかるだけです。ネット販売と情報発信を一つのサイトでできるのも利点です。

いずれも難しい知識がなくても使えるようになっているため、素人でも少し使い方を覚えれば対応することができます。すでにWordPressでサイトを作っている場合は、後から追加で販売機能を加えられるので手軽です。世界中で利用されているので情報が書かれたサイトも充実しており、情報を得やすいのも利点です。